指揮者紹介

寺島康朗(てらしまやすあき)

名古屋市生まれ。国立音楽大学卒業。

1988年セントラル愛知交響楽団を指揮して指揮者としての活動を開始。

1990年渡欧、ウィーンマイスタークルゼにてディプロマを取得、ウィーン・プロアルテ・オーケストラを指揮してウィーンデビュー。その後ウィーン、スイス、ハンガリー、ルーマニアに於いて研鑽を積む。1993年11月、東京シティオペラ協会公演のドニゼッティ「愛の妙薬」を指揮してオペラデビュー。1997年7月、ハンガリーで開催されたラバ国際音楽祭に於いてルーマニア国立“ディヌ・リパッティ”フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、翌98年5月には同楽団本拠地ルーマニア、サトゥマーレ市での定期演奏会にデビュー、好評を博した。2000年2月、ルーマニア、ブラショフ市に於いてルーマニア国立“ジョルジュ・ディマ”フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを指揮、チャイコフスキー交響曲第5番の指揮が高い評価を受けた。2001年11月、第16回国民文化祭「ぐんま2001」“オーケストラの祭典”の指揮者を務める。2002年より航空自衛隊航空中央音楽隊に於いて指揮法講師を務める。2002年より航空自衛隊航空中央音楽隊に於いて指揮法講師を務める。2003年よりPTNA(全日本ピアノ指導者協会)ピアノコンペティション、コンチェルト部門の指揮者を務める。2007年11月中国杭州で開催された日中国交回復35周年記念演奏会で浙江省交響楽団を指揮、好評を博す。2013年5月、石井竜也ライヴツアー2013~天使の夢~(オーケストラバージョン)を指揮。
その他、今までにハンガリー・サヴァリア交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、シエナ・ウィンドオーケストラ、東京吹奏楽団等を指揮した他、東京シティオペラ協会首席指揮者、日本オペレッタ協会の副指揮者を務めた。

指揮法をK.エストライヒャー、J.カルマー、R.シューマッヒャー、H.グラーフ、高階正光、湯浅勇治の各氏に師事。

現在、昭和音楽大学講、東京指揮研究会幹事、航空自衛隊航空中央音楽隊指揮法講師師を務める他、数多くのオーケストラに客演している。